【ドメーヌ ルロワ】コルトンシャルルマーニュ グランクリュ2014 

1686
1686
1686
1686
1686
1686

watanabe_keiichi kosaka_manabu yokoyama_chiharu tanaka_yachiyo horiuchi_hirotaka niida_daisuke shirayama_misaki kiyama_kotaro

  • 数量限定
  • 在庫僅少
商品番号:1686

ドメーヌ ルロワ コルトンシャルルマーニュ グランクリュ2014 黄色キャップ正規品

タイプ
品種シャルドネ
年代2014
生産地ブルゴーニュ
生産者ドメーヌ・ルロワ
輸入元㈱グットリブ 正規品
飲み頃長期熟成タイプ(10年後~)
容量750ml
¥1,500,000(税別)

残りわずか

在庫1
数量

マダム・ルロワがギャランティ(保証)した蔵出し直輸入ワイン。

日本における正規輸入業者・㈱グットリブより届けられています。                              1980年代後半、マダム・ルロワは買い付けるワインの質の劣化、ブルゴーニュのワイン造り、土壌のあり様があまりにも腐敗したことに見かね、自分の畑を持ち自らの手で葡萄栽培から手掛ける事を決意。1988年、ドメーヌ・ルロワを興しました。今やブルゴーニュで最も偉大な造り手の1人です。
ワインの外観は、メゾン・ルロワと似ていますが、ネゴシアン物のキャップ・シールが白色なのに対し、ドメーヌ物には赤色を使用しているため、愛好家の間では通称「赤キャップ」と呼ばれています。ドメーヌワインとは、一般的に自社の畑でブドウを栽培し、収穫、醸造、瓶詰めまでを一貫して行ったワインです。ルロワ社のドメーヌワインは、ビオディナミ農法で栽培した、生産量を抑えた良質のブドウで醸造しています。華やかでフルーティーでありながら、しっかりとした骨格を持つ、長期熟成も可能なワインです。

またヴォーヌ・ロマネに醸造所を構えるため、ラベルには「Mis en bouteille au Domaine Leroy Vosne-Romanee (Cote-d’Or)」と記されています。

特級畑コルトン・シャルルマーニュは、言わずと知れた世界最高峰の白ワイン。「コルトン」は、アロース・コルトンという地名を表し、「シャルルマーニュ」の名は中世のフランク王国シャルルマーニュ大帝に由来しています。コルトンの丘の西側斜面の上部ペルナン・ペルジュレス側にあります。土壌は活性石灰岩を多く含んでおり、ミネラル豊富なワインが生み出されます。フレッシュな果実味があり、余韻には冷たい石を舐めた時のようなシャープなミネラルが特徴的です。

2014年のブルゴーニュ白は傑出したヴィンテージです。

「類稀なテイスティング能力を持つ女性」と称されるマダムは、ルロワ社のオーナーであり、且つ醸造家でもあります。自社畑の管理から醸造までを手がけ、妥協を許さない厳格な品質管理のもと、世界から注目されるワインを数多く生産しています。

マダムも高齢になってきました。
いつまでマダムの手によるワインが入手できるでしょうか、市場にあるうちに彼女の作品をお買い求め下さい。