超レア物!!【ジャン クロード ラモネ】モンラッシェ グランクリュ  2002

1780
1780
1780
1780
1780
1780

horiuchi_hirotaka niida_daisuke shirayama_misaki kiyama_kotaro

  • 数量限定
  • 在庫僅少
商品番号:1780

ジャン クロード ラモネ モンラッシェ グランクリュ  2002

タイプ
品種シャルドネ
年代2002
生産地ブルゴーニュ
生産者ジャン クロード ラモネ
輸入元アグリ株式会社
飲み頃長期熟成タイプ(飲み頃)
容量750ml
¥550,000(税別)

残りわずか

在庫1
数量

(ラベルに少々シミ汚れあり、品質に問題はございません。現物の画像をアップしております。ご確認下さい。)

世界最高峰の白ワインの生産者として知られるラモネのモンラッシェ、僅か0.25haの畑から極少量のみ生み出されるため見かけることすらほとんどないワインです。その生産量の少なさに対して非常に人気が高く瞬く間に完売してしまうため、常に入手困難なワインとして世界中のブルゴーニュ愛好家垂涎の的となっています。

三銃士の著者としても有名な文豪アレクサンドロ・デュマが「脱帽し、跪いて飲むべし」と言ったされる逸話が残るモンラッシェ。
しっかりとしたミネラル感と、フレッシュな果実の味わいとが上手く共存した一本です。凝縮感に満ちた豊潤な果実味に旨味を伴ったミネラルと美しい酸味があり、スケールを感じさせるパワフルさを持つと同時に洗練さた繊細さ、緻密さ、柔らかさを持った品質は、抵抗なく舌の上を流れるような上品さがあり、魅惑的な風味を伴った長い余韻は至福のひとときを飲み手に与えます。
熟成が進むほど、果実味は熟した果実の甘やかさが現れ、別格の旨味を伴った品格溢れるミネラル感も持ちあわせた品質に成長していきます。

世界最高の白ワインを選ぶ時、DRCにコント・ラフォンにルフレーヴももちろん素晴らしいですが、このラモネも秀逸です。

1920年、ピエール・ラモネにより創設されたドメーヌで、シャサーニュ・モンラッシェ筆頭生産者です。その息子アンドレ氏、そしてさらに息子のジャン・クロード氏とノエル氏の兄弟に引き継がれています。

飲み頃はブドウ収穫年から5~40年と言われておりますが、まさに飲み頃ではないでしょうか?ラベルに少々汚れ(シミ)がありますが、現存することが珍しい逸品ですので、どうかお許し下さい。稀少な良作年のバックヴィンテージです。

2002年は4点

5点 秀逸な年
4点 良い年
3点 平均的な年
2点 やや難しかった年
1点 難しかった年
0点 悪い年