【ドメーヌ ルロワ】ヴォーヌ・ロマネ プルミエ・クリュ レ・ボー・モン 2008

1762
1762
1762
1762
1762
1762

horiuchi_hirotaka niida_daisuke shirayama_misaki

  • 数量限定
  • 在庫僅少
商品番号:1762

ドメーヌ ルロワ ヴォーヌ・ロマネ プルミエ・クリュ レ・ボー・モン 2008  赤キャップ正規品

タイプ
品種ピノ・ノワール
年代2008
生産地ブルゴーニュ
生産者ドメーヌ・ルロワ
輸入元㈱グットリブ 正規品
飲み頃中期熟成タイプ(飲み頃です。)
容量750ml
¥900,000(税別)

残りわずか

在庫1
数量

マダム・ルロワがギャランティ(保証)した蔵出し直輸入ワイン。

日本における正規輸入業者・グットリブ㈱より届けられています。                              1980年代後半、マダム・ルロワは買い付けるワインの質の劣化、ブルゴーニュのワイン造り、土壌のあり様があまりにも腐敗したことに見かね、自分の畑を持ち自らの手で葡萄栽培から手掛ける事を決意。1988年、ドメーヌ・ルロワを興しました。今やブルゴーニュで最も偉大な造り手の1人です。
ワインの外観は、メゾン・ルロワと似ていますが、ネゴシアン物のキャップ・シールが白色なのに対し、ドメーヌ物には赤色を使用しているため、愛好家の間では通称「赤キャップ」と呼ばれています。ドメーヌワインとは、一般的に自社の畑でブドウを栽培し、収穫、醸造、瓶詰めまでを一貫して行ったワインです。ルロワ社のドメーヌワインは、ビオディナミ農法で栽培した、生産量を抑えた良質のブドウで醸造しています。華やかでフルーティーでありながら、しっかりとした骨格を持つ、長期熟成も可能なワインです。

またヴォーヌ・ロマネに醸造所を構えるため、ラベルには「Mis en bouteille au Domaine Leroy Vosne-Romanee (Cote-d’Or)」と記されています。レ ボーモン主要な生産者でもあるルロワ。その品質はグランクリュを凌駕する出来で、ドメーヌ独特のニュアンスと、土っぽさやスパイシーさもあり非常に複雑です。他の生産者には作りえない、まさにドメーヌ・ルロワの味わい。

ドメーヌワインとは、一般的に自社の畑でブドウを栽培し、収穫、醸造、瓶詰めまでを一貫して行ったワインです。ルロワ社のドメーヌワインは、ビオディナミ農法で栽培した、生産量を抑えた良質のブドウで醸造しています。華やかでフルーティーでありながら、しっかりとした骨格を持つ、長期熟成も可能なワインです。

2008年のブルゴーニュは、秀逸なヴィンテージです。天候に恵まれない年でしたが、収穫時期を迎える前に気温、気候共に好転し、結果的に熟した果実の収穫に成功しました。非常に収量が少なく苦労した年ではありましたが、程よい酸と果実味のバランスの良いワインに仕上がりました。