「クロ・パラントゥー」の隣!【ドメーヌ・ベルトラン・エ・アクセル・マシャール・ド・グラモン】ヴォーヌロマネ レ バレロ 2019 クロ・パラントゥー Clos Parantoux の斜面下部に隣接した畑!

10055
10055
10055
10055
10055
10055

horiuchi_hirotaka niida_daisuke kiyama_kotaro

  • 数量限定
  • 在庫僅少
商品番号:10055

ドメーヌ ベルトラン エ アクセル マシャール ド グラモン ヴォーヌロマネ レ バレロ 2019

タイプ
品種ピノ・ノワール
年代2019
生産地ブルゴーニュ
生産者ドメーヌ ベルトラン エ アクセル マシャール ド グラモン
輸入元株式会社ヴァンクロス
飲み頃中期熟成タイプ(4年後~飲み頃に)
容量750ml
¥12,980(税別)
数量

先代のBertrand/ベルトラン氏が1986年に設立したDomaine Bertrand Marchard de Gramont をその娘であるAxelle/アクセル氏が2004年に継承し誕生したドメーヌです。ベルトラン氏は、シャンボール・ミュジニーのコント・ジュルジョ・ド・ヴォギュエで長年働いていた人物です。またアクセル氏の祖母は、ドメーヌ・デュフルール・フレールで有名なデュフルール家の出身です。因みに現当主であるアクセル氏の叔父Xavier/グザヴィエ氏は1975年にドメーヌとしても有名なシャンタル・レスキュールと結婚。コート・ドール全域に広がる32haにも及ぶ巨大ドメーヌを夫婦で取り仕切っていましたが、シャンタルの死に伴ってドメーヌ・シャンタル・レスキュール、そしてドメーヌ・マシャール・ド・グラモン、ドメーヌ・ベルトラン・マシャール・ド・グラモン(アクセル・マシャール・ド・グラモン)の3つに分割されました。

レ バレロ はあのアンリ・ジャイエの伝説の畑として有名な「クロ・パラントゥー」 Clos Parantoux の斜面下部に隣接した区画。

栽培と醸造
アクセル氏がドメーヌに参画した後、所有畑を全てビオロジックに徐々に転換(現在ビオディナミに転換中)。それに伴い、除草剤など合成薬剤の使用を中止し、病虫害に対しては事前の予防を広く行うことで対処している。また醸造はより「マイルド」な
手法を採用し、穏やかな抽出、比較的短期間のキュヴェゾン、穏やかな圧搾を心がけている。熟成段階では新樽使用率を低く抑えつつも長い期間行うこととし、いずれもひとえにフレッシュな果実味、繊細さ(とりわけ Nuits-saint-Georges « LesTerrasses des Vallerots »と« Les Vallerots »)、そして余韻の長さ(とりわけ樹齢の一際高い Nuits-saintGeorges « Les Hauts-Prûliers »、« Aux Allots »、そして Vosne-Romanée)を持つワインを得るために行っている。