【ドメーヌ デ ヴァロワイユ 】シャルムシャンベルタン グランクリュ 2019

10033
10033
10033
10033
10033
10033

watanabe_keiichi kosaka_manabu

  • 数量限定
  • 在庫僅少
商品番号:10033

ドメーヌ デ ヴァロワイユ シャルムシャンベルタン グランクリュ 2019

タイプ
品種ピノ・ノワール
年代2019
生産地ブルゴーニュ
生産者ドメーヌ デ ヴァロワイユ
輸入元モトックス
飲み頃長期熟成タイプ(4年後~飲み頃)
容量750ml
¥27,000(税別)
数量

4つの単独所有畑をもち、12世紀から続く歴史あるドメーヌ
ドメーヌの歴史は12世紀まで遡るという、由緒ある重要なワイナリー。ヴィラージュクラス&プルミエ・クリュに4つもの単独所有畑を持ちます。

1990年に前所有者からスイス人である現オーナー、ギルベール・ハンメル氏へと譲渡されてから飛躍的に品質を向上させ、今では所有している畑の重要性とも相まってジュヴレ・シャンベルタンでも名高い評判を得るようになっています。

元々スイスにおいてワイン造りに携わっていたハンメル氏。毎週日曜日の家族の食事会でブラインド・ティスティングを繰り返して育ったという筋金入りの経歴の持ち主です。ローザンヌ大学の高等商業コースを取得後、リヨンで醸造学を修めた彼はスイスでワイン造りに携わり、かつワインの輸入商社を経営していました。

そんな彼に転機が訪れたのは1990年。元々ヴァロワイユのワインをスイスへ輸入していた彼に、跡継ぎに恵まれなかった前オーナーから「信頼の置ける貴方にこのドメーヌを引き継いで欲しい」と提案を受けます。ブルゴーニュのワインを愛していたハンメル氏はこの申し出を受け、正式にヴァロワイユのオーナーとなりました。

スイスで培った経験を活かした独自の方法で改良を進める彼に当初は風当たりも厳しかったと言いますが、今では他の生産者がその手法を真似するほどそのワイン造りは周囲に認められています。斬新な手法を実践しながらも、その根底にあるのはブルゴーニュ、そして所有している偉大な畑へのリスペクトがあるからと言えます。

熟成 オーク樽熟成 18カ月(228L、新樽比率 30%)

グリオットやスパイス等を想わせる洗練された香り。果実味に溢れ、複雑でフィネスに富んだ味わい。畑の偉大さを感じさせる1本。

2019年 ブルゴーニュは傑出したヴィンテージ