【 ドメーヌ フランソワ ミクルスキ】ムルソー プルミエクリュ ポリュゾ 2020

10095
10095
10095
10095
10095
10095

yokoyama_chiharu

  • 数量限定
  • 在庫僅少
商品番号:10095

ドメーヌ フランソワ ミクルスキ ムルソー プルミエクリュ ポリュゾ 2020

タイプ
品種シャルドネ
年代2020
生産地ブルゴーニュ
生産者ドメーヌ フランソワ ミクルスキ
輸入元株式会社ファインズ
飲み頃中期熟成タイプ(4年後〜に飲む)
容量750ml
¥29,000(税別)

残りわずか

在庫1
数量

ワイン界に彗星のごとく現れたムルソーの造り手、フランソワ・ミクルスキ。ポーランド人の父親とムルソー生まれのフランス人の母親のもとに生まれた当主のフランソワ ミクルスキは、若くしてヴィニュロンとなることを決意。ボーヌのエコール ヴィニコールで学んだ後、1983年にカリフォルニアを代表する「カレラ エステート」のジョシュ ジャンセンの元で研修、1984年に叔父のピエール ボワイヨに従事しました。1991年にピエール ボワイヨが引退し、彼(とその姉妹)が所有していた畑を引き継ぎ(メタイヤージュ)、自らのドメーヌを設立しました。1992年の初リリース後、瞬く間にスター・ドメーヌへと上り詰めました。特にフランス国内での人気が高く、多くの星付きレストランでオンリストされています。フランソワ・ミクルスキ氏の世界各国からの要望に応えたいという強い思いから、生産量のうち約6割を輸出に回していますが、まだまだ量は非常にわずか。日本への入荷自体も少ない入手困難なドメーヌの一つとして注目を集めています。

1級畑ポリュゾは、ムルソーを代表する6つのプルミエ・クリュの一つで、ル・ポリュゾ・ドスュ(5.3105ha)、ル・ポリュゾ・ドス(1.7837ha)、ル・ポリュゾ(4.3376ha)の3区画(11.4318ha)で形成され、上部をドスュ(Dessus)、下部をドスー(Dessuos)と呼ばれます。東南東に向いた斜面に広がる畑は完璧な日照に恵まれ、石を切り出した穴をあらわす「ポル(Por)またはポレ(Poree)」が転じて、ポリュゾーといわれるだけに、石を思わす風味が強く、 ムルソー村の1級の中でも特に繊細で、驚くような芯の強さを備え、ジュヌヴリエールやペリエールと同じくらいの長命なワインをうみだしています。ミクルスキの手がける平均樹齢50年のブドウを使うポリュゾは、蜂蜜、アーモンド、トースト、トロピカルフルーツ、ヘーゼルナッツの芳香に、たっぷりのミネラル、長い余韻が特徴的な長期熟成タイプの白ワインを造り出しています。