【 ドメーヌ フランソワ ミクルスキ】 サントーバン白 2019

10090
10090
10090
10090
10090
10090

yokoyama_chiharu tanaka_yachiyo

  • 数量限定
  • 在庫僅少
商品番号:10090

ドメーヌ フランソワ ミクルスキ サントーバン白 2019

タイプ
品種シャルドネ
年代2019
生産地ブルゴーニュ
生産者ドメーヌ フランソワ ミクルスキ
輸入元株式会社ファインズ
飲み頃早期熟成タイプ(飲み頃です。)
容量750ml
¥10,000(税別)
数量

ワイン界に彗星のごとく現れたムルソーの造り手、フランソワ・ミクルスキ。ポーランド人の父親とムルソー生まれのフランス人の母親のもとに生まれた当主のフランソワ ミクルスキは、若くしてヴィニュロンとなることを決意。ボーヌのエコール ヴィニコールで学んだ後、1983年にカリフォルニアを代表する「カレラ エステート」のジョシュ ジャンセンの元で研修、1984年に叔父のピエール ボワイヨに従事しました。1991年にピエール ボワイヨが引退し、彼(とその姉妹)が所有していた畑を引き継ぎ(メタイヤージュ)、自らのドメーヌを設立しました。1992年の初リリース後、瞬く間にスター・ドメーヌへと上り詰めました。特にフランス国内での人気が高く、多くの星付きレストランでオンリストされています。フランソワ・ミクルスキ氏の世界各国からの要望に応えたいという強い思いから、生産量のうち約6割を輸出に回していますが、まだまだ量は非常にわずか。日本への入荷自体も少ない入手困難なドメーヌの一つとして注目を集めています。

もともとピノ ノワールを植えていたところを、2008年にシャルドネに植替えた、サントーバンの丘の南南西向きの畑。
柑橘類に洋梨やリンゴの爽やかな香り、塩味やミネラルを思わせる風味が心地よく、いきいきとしたパワフルな印象のワインです。
ヴィンテージ情報
2019年は20世紀初頭以降で史上3番目に暑い年でした。1-3月は温暖で乾燥し、ブドウ樹の成長サイクルが早くに始まりました。6月中旬に気温が涼しくなり、開花が混乱し、花ぶるいやミルランダージュが起こりました。その後、夏は暑く乾燥した日が続き、8月中旬にわずかな救いの雨が降りました。マストに十分な酒石酸があったおかげで、PHは満足のゆく値でした。9月は穏やかな気候になり、最適な熟度を見極めて、収穫は分散化しました。収量は少ない年となりましたが、このヴィンテージは記憶に残るものとなるでしょう。