【新春2023年 福袋】ボルドー5大シャトーセット&シャンパーニュ・サロン 6本詰め合わせ (750ml/6本)

9084
9084
9084
9084
9084
9084

watanabe_keiichi kosaka_manabu yokoyama_chiharu tanaka_yachiyo horiuchi_hirotaka niida_daisuke shirayama_misaki kiyama_kotaro

  • 数量限定
商品番号:9084

【新春2023年 福袋】ボルドー5大シャトーセット&シャンパーニュ・サロン(750ml/6本)…… シャンパーニュ サロン ブリュット ブランドブラン2012 750ml・シャトーラトゥール2013 750ml ・シャトーラフィットロートシルト2015 750ml ・シャトーマルゴー2017 750ml ・シャトーオーブリオン2017 750ml ・シャトームートンロートシルト2017 750ml

タイプ赤×5・白泡×1
品種カベルネ・ソーヴィ二ヨン、メルロー、他
年代2013・2015・2017など
輸入元徳岡・日本リカー・モトックス・ラック・未来堂
飲み頃長期熟成タイプ(10年後〜に飲む)
容量750ml×6本
¥690,000 ¥500,000(税別)

「ボルドー五大シャトー」メドック地区の格付けで“第一級”の称号を与えられた5つの世界トップクラス・シャトーと、今や幻のシャンパーニュ「サロン」の詰め合わせ


・ シャンパーニュ ラック サロン ブリュット ブランドブラン2012  750ml 株式会社ラック・コーポレーション

孤高の存在を貫くシャンパーニュメゾン、サロンは数多あるシャンパン・メゾンにあって、孤高の存在である。

生産村 ル・メニル・シュル・オジェ 単一クリュ、単一品種、単一ヴィンテージのシャンパンのみを生み出し続けてきた。すべての条件が揃った類い稀なる年にのみリリースされるため、これまで世に出たのは一世紀の間に30数ヴィンテージに過ぎない。シャルドネ100%。

シャンパーニュ・ヴィンテージチャート

2012年 ★:2008年に続いて、この千年紀にサロンが生み出した最高のワイン。別格の仕上がりです。パーカーポイント 98+点

★:秀逸な年  ◎:とても良い年  ●●●:平均的な年  ●●:やや難しい年  ●:難しい年

・シャトーラトゥール2013  750ml 日本リカー株式会社

カベルネ・ソーヴィニヨン95.2%、メルロー4.4%、プティ・ヴェルド0.4%

ラベルにも描かれている塔(ラ・トゥール)がシンボルのメドック1級シャトー!歴史のある偉大なシャトーですが、その地位に甘んじることなく、2000年には巨額の資金を投じて大々的な改修を行いました。最新の醸造施設や貯蔵施設を備え、当主フランソワ ピノーと現場を取り仕切るフレデリック アンジュレによって、非の打ち所のない完璧なワインが次々と生み出されています。

ラトゥールは2012年以降、プリムール販売から撤退することを発表しました。完璧なまでの品質主義によるもので、「最高の飲み頃で味わってほしい」という意向から2012年ヴィンテージは販売されるまでに9年もの長い年月を要しました。プリムール撤退から2度目の蔵出しとなる最新2013ヴィンテージも、ファンにとっては必ずチェックしたいもの。2013年はラトゥールにとっても難しい年となりましたが、手早い収穫と選定が行われたこともあり健全な葡萄が収穫され、ラトゥールのチームとテロワールの底力が垣間見えるヴィンテージとなりました。2013年は例年に比べて早くから楽しめるスタイル。数十年待たずして楽しめるラトゥールというのは非常に貴重で、8年経った今このヴィンテージをリリースすることにラトゥールの想いを感じ取れます。

パーカーポイント93点

・シャトーラフィットロートシルト2015  750mlモトックス

“カベルネ・ソーヴィニヨン91%、メルロー9%”

メドック格付け第1級、5大シャトーの筆頭。ボルドーの真髄を極めた究極のエレガンスを体現する、ロスチャイルド家が誇る栄光のシャトー。ブラックベリーやボイセンベリーの果実、かすかにジュニパーベリーの香りが層状に折り重なり、明るく外交的な印象です。堅固なタンニン、杉やタバコが加わった豊かな黒い果実が感じられ、塩気を感じるフィニッシュに向かいます。『世界で無二のエレガントで天性のフィネスを誇るワイン』と評されています。

2015年当たり年

ここ数年は例年のごとく、初冬は暖かく乾燥した天候が続き、1月も終わりに近づく頃、雨が降り始めるとともに適度な寒さが訪れる傾向にあります。萌芽は平年どおり4月初旬に始まりました。水分を十分に補充できる環境と温暖な天候に恵まれたことにより、ブドウは瞬く間に生育します。6月、開花は早期かつ均質に進み、収穫を待たずして有望ヴィンテージへの期待が高まりました。
大海と河口は厳しい夏の暑さも和らげてくれました。水分ストレスは高めではありましたが、8月の降雨のおかげで果実着色に必要とされる冷涼さが補われ、結果、完璧な成熟を得ることができました。すべての条件が理想的にととのった中で収穫を迎え、各区画、ベストな状態で果実を収穫することができています。

パーカーポイント 96+点

・シャトーマルゴー2017  750ml  未来堂

カベルネ・ソーヴィニヨン(89%) 、 メルロー(8%) 、 カベルネ・フラン(2%) 、 プティ・ヴェルド(1%)

パリ万博の格付けにて最高の格付け第1級を獲得。その際に行われたテイスティングでは唯一満点評価を受け、名実ともにボルドーワインの頂点へ登り詰めた至高のシャトー。
ワインの女王と呼ばれるボルドーワインの中でも、「最も女性的なワイン」とも形容されるワインです。
女性らしいと形容される理由は並外れたタンニンのしなやかさ。柔和で優しく香り高く、マルゴー特有のエレガンスを最大限に引き出す為、ここ10年間でカベルネ・ソーヴィニヨンの比率を高める方向にシフトしています。造られるワインも新樽率100%というこだわり。また収穫においても選果をさらに厳しくし、ファースト・ラベルに使われるブドウは全体の僅か35%前後。
最高のテロワールで育ち、極めて厳しい選果をクリアした珠玉のブドウだけをグラン・ヴァンに使用しています。

パーカーポイント98点!

・シャトー オー ブリオン2017  750ml 徳岡

メルロー(53%) 、 カベルネ・ソーヴィニヨン(41%) 、 カベルネ・フラン(6%)

1855年のメドックの格付けで、当時からあまりにも有名だったために、例外的にグラーヴ地区から選ばれ、1級という栄誉を与えられた歴史的シャトーがオー・ブリオンです。それもそのはず、オー・ブリオンの名声は、当時すでにヨーロッパ全土に広まる勢いだったのですから。オー・ブリオンが誕生したのは1550年。その後、「澱引き」「ウイヤージュ(補酒)」といった手法を世界で初めて取り入れるなど技術革命を起こし、イギリス市場に進出します。1666年、ロンドンにオー・ブリオンを供する居酒屋ができると、このワインは大評判となりました。その後、オー・ブリオンは、ナポレオン戦争で敗れたフランスの救世主となります。国の崩壊という危機に追い込まれていたフランスの外相タレーランは、敗戦国の処遇を決める1814年の「ウィーン会議」で、連日連夜、各国代表に豪華な料理とオー・ブリオンを振る舞いました。これによって各国代表も態度を軟化させ、フランスは敗戦国でありながら領土をほとんど失うことなく乗り切ることができたのです。まさに“フランスの救世主”ともいえるオー・ブリオンの名声は、瞬く間にヨーロッパ全土に広まっていきました。特例としてメドックの格付1級に加えられているのも当然のことなのかもしれません。

外観は紫がかった深いガーネットの色調。グラスからはブラックベリーやカシス、ブラックラズベリーなどの果実のアロマが立ち上ります。さらにスミレやラベンダー、ダークチョコレート、スターアニス、黒鉛など様々なニュアンスも加わり、複雑で華やかな印象。口に含むと、一気に広がる豊富な果実味に圧倒されます。よく熟したタンニンは滑らかな口当たりを齎し、新鮮な酸が味わいをエレガンスに演出します。スターアニスなどのスパイスの香りを纏い、甘美な余韻は長く続きます。

パーカーポイント 97点!

・シャトームートンロートシルト2017  750ml 徳岡

カベルネ・ソーヴィニヨン(90%) 、 メルロー(9%) 、 プティ・ヴェルド(1%)

格付けの歴史の中で唯一、メドック格付け第一級に昇格したシャトー・ムートン・ロスチャイルド。5大シャトーの中で特に明快かつ最も豪勢と評される味わいと、毎年、稀代の著名なアーティストが描くアートラベルで、世界中のワインラヴァーを愉しませる一流のシャトーです。
ユダヤ系の大富豪ロートシルト家がこのシャトーを購入した1853年のわずか2年後、パリ万博開催のために制定されたメドック の格付けで、必ず1級を取ると思われていたムートンは、2級に格付けされるという屈辱を味わいます。これに奮起したロートシルト家は、「1級にはなれないが2級には甘んじれぬ、ムートンはムートンなり」と言い、醸造技術や熟成方法の工夫はもちろん、いまやムートンの代名詞ともいうべきアートラベルも導入しました。1級になるための働きかけも怠らず、ついに1973年、4世代にわたる努力の末、ムートンは悲願の昇格を果たしたのです。その時、 「われ1級になりぬ、かつて2級なりき、されどムートンは昔も今も変わらず」という名句を残したという、有名な逸話が残されています。

2017年のラベルには、グラフィックデザインおよび造形芸術の分野で活動する、フランス人女性美術家のアネット・メサジェ女史による作品が選ばれました。こちらの作品「Hallelujah(ハレルヤ)」は、字体(エクリチュール)を素材のひとつとしており、重なって寄せてくる波のように繰り返される「Hallelujah(ハレルヤ)」がデザインされています。そこに聖書の中でしばしば関連づけられるふたつの物質「ミルクとワイン」のモチーフを描き、その効能を謳うと同時に、この作品を通してリアルかつシンボリックな表現手法でふたつの物質に賛辞を贈っています。

パーカーポイント 96+点!